ユネスコ世界遺産:世界最古の洞窟壁画

世界最古の壁画として知られるショーヴェ洞窟が2014年6月にユネスコ世界遺産に登録されました。
ショーヴェ洞窟はフランス南東部ローヌアルプ地方のアルデッシュ県プリヴァ近郊にあり、観光名所として大人気の天然アーチ橋ポンダルクの近くです。
ショーヴェ洞窟の壁画は旧石器時代の作品と推定され、ラスコー洞窟の壁画よりも古く、クマ、ライオン、サイ、ウマなど14種類の動物が見られ、特に、ライオンが群れで狩りをする様子は、壁の凹凸を拓みに利用して描かれています。
ショーヴェ洞窟の壁画は保護のため非公開ですが、ヴァロン・ポンダルクの復元センターでレプリカをご覧いただけます。最新の3D技術を駆使して3000 m2のスペースに人類最古の壮大な洞窟壁画を復元しています。
エクランドゥフランスでは、アヴィニヨン発着またはリヨン発着のショーヴェ洞窟復元センター見学ツアーを企画しております。

【ツアー例】 

英語ガイドドライバー*

09時:アヴィニヨンから専用車でアルデッシュ渓谷へ。
長い年月をかけて岩が削られて出来上がった天然の橋ポンダルクをご覧いただきます。
12時 : ローカルレストランで昼食(予約のみ)
13時 : ショーヴェ洞窟復元センター見学
17時30分 : アヴィニヨン到着、解散

*日本語アシスタント付きも可

エクランドゥフランス企画ツアーの詳細をダウンロード

お気軽にお問い合わせください。 

  

写真クレジット:ローヌアルプ地方圏観光局(無断複写・複製を禁じます)

  パリ発着ツアー
 
 

 
  リヨン発着ツアー
 
 

 
  クレルモンフェラン発着  
 

 
  ボーヌ発着ツアー  
 

 
  モンペリエ発着ツアー  
 

 
  ボルドー発着ツアー  
 

 
  アヴィニヨン発着ツアー  
 

 

ワインツアー

世界遺産巡り

 印象派ゆかりの地

美しい村巡り